情報商材の販売と仮想通貨のどちらがおすすめか

ネットビジネスと言えば、「情報の販売」ですよね。
一つ何十万もする場合が多く、情報商材の販売で年収1億を突破した人は何人もいると思います。
一方で、最近話題になっているのは「仮想通貨」です。こちらも「億り人」と言われ、1億以上もの資産を仮想通貨で築いた人も存在します。
今回は、情報商材の販売と仮想通貨のどちらがおすすめなのかを解説します。

まず、情報商材の販売からですね。
情報商材の販売は、簡単そうに見えて、かなり難易度が高いです。
まず、情報商材を用意する前に、「集客」をする必要があります。
SNSやYouTubeで情報を発信して、お客様を集めるのです。
やってみると分かりますが、中々集まりません。

そして、有益な情報を発信してファンが集まってきたら、今後は「無料メールマガジン」に登録してもらいます。
そのメルマガでも発信を続け、最終的に情報商材を売るというものです。

いくつか必要なものがあります。一つは「実績」です。実績がないと人は集まりにくいです。
そして、継続力も必要ですし、文章力等も必要です。
少しやる事が多くて面倒に見えるかもしれませんが、その恩恵は大きく、年収1億なんて事も、あるいは月収1億でさえも可能です。

次に、仮想通貨について解説します。
仮想通貨では、情報商材の販売のように、複雑なことは必要ありません。
やる事は単純です。「安く買って、高く売る」というものですね。
仮想通貨では、その伸び幅が広いため、他の投資と違って必要な資本が少ないのも特徴として挙げられます。

ですが、情報商材の販売とは違い、「大損する可能性がある」という所です。
仮想通貨は、100倍200倍になる可能性がある一方で、その逆になる可能性もあるという所が怖い所です。

では、どちらがおすすめなのでしょうか?
まず、初心者の方におすすめなのは、圧倒的に「仮想通貨」です。
情報商材は大きく稼げる可能性がある一方で、やる事があまりにも複雑です。
そのため、「ネットでも稼げる」という事を実感していないとモチベーションを保つのが難しいと思います。

まずは仮想通貨で実績を出すことをおすすめします。そうすれば、自信にも繋がりますし、「仮想通貨の情報商材を販売する」という所にまで発展する可能性もあります。

今回は、情報商材の販売と仮想通貨のどちらがおすすめなのかを解説しました。
どちらも多くのお金を稼ぐ可能性があるビジネスなので、皆さんも自分に合ったものを選んでやってみてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。