仕入先を選ぶ前に特商法に関する表記を確かめる必要性

特商法とは何なのか

最近では特商法という言葉を耳にしますが、消費者庁が安心して取引ができるようルールを定めています。
通販サイトやネットショップを利用するとインターネットで取引ができて便利ですが、実際に届いた商品はまったく違うものや偽物だったりすることも多いです。

このようなトラブルが起きると売れなくなることや、支払った金額が無駄になるため絶対に避けないといけません。
特商法は通販サイトやネットショップを運営するときに所在地や連絡先、サービス内容などの情報を公開することを義務付け、利用者が安心して使えるように定めています。

電子商取引は対面販売ではなく不正の温床になりやすく、防ぐために特商法が設定されていることが特徴です。

このため、仕入先を選ぶ目安になり、せどりや転売ビジネスをするためには基礎的なルールになります。

利用者に信用されるようにしよう

せどりや転売ビジネスはパソコンやスマホでもでき、スキマ時間で稼ぐためにすると今後の生活に役立ちます。
商品を安く仕入れるときは海外の通販サイトを使えばまとめて注文すると1個あたりの単価が安くなり、少ない個数で市場価格より安い値段を設定すると利用者を確保しやすいです。

海外の通販サイトは現地の材料費や人件費が安く格安の値段で商品を仕入れやすいですが、日本語が通じなかったり偽物を送りつけるなどの詐欺も多く起きています。

特商法はこのようなトラブルを防ぐために設定され、事前に確かめて仕入先を選ぶことが大事です。
利用者に信頼されるようにするためには、商品の内容をきちんと紹介し、偽物を送りつけないなどのルールを守る必要があります。

仕入先の情報をきちんと確かめることが重要

仕入先の情報は会社概要に明記され、住所や電話番号、メールアドレスが揃っているか確かめると安心できます。
住所はきちんと枝番まであり特定できるか確かめ、電話番号は携帯電話ではなく固定電話であれば不正をしにくくなり安心です。

メールアドレスはトラブルがあれば問い合わせることができ、きちんと返金してもらえるか確かめないと損をすることになります。
商品を仕入れて相手に売るときはその場で確かめ、トラブルがあればすみやかに対処することが大事です。

商品の仕入れは手間取れば買い手を待たせてしまうことになり、信用できないと判断され悪い口コミを書かれてしまうこともあります。
特商法はこのようなトラブルを防ぐために消費者庁で定められ、仕入先を選ぶ際にはなければ避けると効果的です。